乙女座で占い技術を鍛えてみる

9月になり、夏も終わりかと思いましたが、蒸し暑い日が続きますね。

関東地方を襲った台風も大きな被害を出しており、早急な復旧が望まれます。

積み上げてきた土台をひっくり返されるような被害は、特に“土や地”に日々関わっていらっしゃる農家さん、建設業の方々、本当に大変なご心労だと…。

各地で、結構な試練を伴う「破壊・再生」が起こっていて、これは山羊座土星冥王星)の天体配置が関係しているせいなのか?など、ついつい考えてしまいますが。

被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます…。

 

さて、現在は乙女座に天体が集合しており、私のホロスコープで乙女座は3ハウス(知識・コミュニケーション・通信・移動)にあります。

乙女座新月以降、父の病気回復や誕生日祝いのために実家へ移動したり、知人に占いを頼まれてやってみたり、などで、ちょっとアタフタしておりましたが。

乙女座らしく、“人の要求に対する奉仕、役立つ人”であるよう、実際の行動(実務)をとるべく、自分でも心がけていたかな。 

久しぶりに連絡を取り合った友人や、帰省して会った友人から占ってほしい!という話が何故か平行して重なり、何件か占ってあげることになったのですが。

友人の知人についても数名取り組んでみましたが、全く知らない人、誕生日以外ほとんど情報なしな人は、難しかった~…(+o+)

 

私は占いの勉強は趣味なのですが、実のところ人には興味がないというか、人様の内面を他人がどうこう探ることじゃない、と思っているところがありまして。

芸能人のゴシップネタにも興味がないし、有名人のホロスコープなど出してみようとも思ったことがないのだよなあ。

これは、天秤座天王星牡羊座水星とオポジション天王星は8ハウス水瓶座の支配星、ということもあるのだと思いますが。

人を占う自信ももちろんなければ、私があれこれ言うのもはばかられる…という気持ちも強くてですね。

ですが、占いの技術向上のためには、様々な人を占ってみることが一番ですよねえ。

 

今回占わせてもらった方々は、たまたま占星術の元素「水」(感情面・気持ちの交流を大切にする)の比重が高めな人が多かったのですね。

ですが、私は「水」は1つしかなくて、思考もドライな面もあるかと。

しかも、活動宮強いし土星も効いているので、試練や変動なども「人生経験として乗り越えるもの」という意識が強い方かもしれないですね。

「水」の多い方というのは、「共感力」や「感受性」が高く、同じ事が起こったとしても私とは受け入れ方が違って、感情的な揺さぶりはとても大きいと思うのですよね。

そこは、私には持ち合わせがなく、体験的にも薄い感覚なものでして…。

まあ、「当たっている」とは伝え聞いたので嬉しい面もありますが、実際どういう風に感じられたかは、よくわからないからなあ…。

 

「占い」というのは、占いをする側のフィルターを通した視点で表現することになるので、フラットであろうとはしますが、文章として伝える難しさがあるなあと、つくづく思いましたね。

全く知らない方を占う場合は、イメージするのも特に難しいですし。

 

松村潔著『占星術研究会』より

占星術は、具体行動のもっと奥にある、シンボリックな心の衝動の図絵を推理できても、これが具体的にどのような形態に投影されていくかはわからない。だから過去のことは読めても、未来のことは読めない。具体例からシンボルを抽出するのは容易ですよ。

しかしシンボルから具体例にブレークダウンするときには、どの具体例に適合するのかわからない。つまりシンボルひとつにつき、具体例100とかあるようなものだよね。この具体例のどれに該当するかは、わからない。

 

人様を占う場合、天体やサインの意味をどういった風に使っているか。

これは、占う人が想像していくしかないんですよね。

逆に考えれば、シンボルの象徴体系を投影するべく、方向性を考えて生活面に落とす努力をしたり転嫁したりもできる、ということで。

なるべく、相手の心に希望の灯りをともせるような占い内容でありたいものですが…。 

 

ということで。

乙女座新月後は、「修練だな~…」という難しさを感じた“乙女座な日々”を送っておりましたね(笑)

この乙女座祭り、15日には金星と水星も天秤座へと移行していきますよ!

 

 

道の駅で、しおれきったシソの葉束が花束のような状態で、70円!(割引価格)で売っていたのを買ってきました。

葉を落とし、まるまった葉を伸ばして重ね、茎が水に浸るぐらいにしてタッパに詰め、ラップをふわりとかけて、冷蔵庫に入れておきました。

すると・・・

 

f:id:small-eco:20190910113156j:plain

 シソの葉っぱ、ふっか~つ !(^^)!

この状態で水を入れ替えながら、冷蔵庫でしばらくは保存できますよ!

 

f:id:small-eco:20190910113640j:plain

先に付いた小さな葉や新葉も、茎を切って水揚げすると元気になりました!

 

縮こまった葉っぱが元気になるように、人の気持ちもノビノビ~っとなれるような“元気の水”が、簡単に見つかればいいのですけどねえ…。